◆≪アルミ|ボンベ・キット≫通信販売 > 406002 40ラウンド≪アルミ・使いっきり≫Kit・20コ
 
 
 
前の商品 406002 40ラウンド≪アルミ・使いっきり≫Kit・20コ 次の商品
 
 
406002 40ラウンド≪アルミ・使いっきり≫Kit・20コ

 
商品コード : 406002
販売価格 : 10,260(内税 円)
数量
 

アルミ風船・ボンベキット/40cm 20個用

使い捨て容器入りヘリウムガス。 返却を気にせず、いつでも、どこでも使用可能。 販促サイズ40cmアルミ風船10個をセット。シルバー・レッド・ピンク・ブルー・グリーンの人気カラーアソート5色。ボンベとセットでお買求めやすくラインナップ。とても経済的なヘリウムガスの容量。浮遊時間(期間)約2週間と、とても長い販売促進効果も期待。

アルミ風船40cm ボンベ・エコキット 20個 明細

通販、販売明細

セット内容 個数 単価 消費税別途
40cm アルミ風船 20 150 3,000
ヘリウムボンベ使いっきりタイプ中 230L 1 6,500 6,500
合計 9,500

別途配送費900円(税別)が掛かります。沖縄他離島を除く。
※ヘリウムガスは気温・気圧・充填作業をする方によって多少誤差が生じます。人数優先の催事にはヘリウムガスに余裕を持ってご使用下さい。

ヘリウムガスボンベ使いっきりタイプ中 230L balloon time 中(買取タイプ)

使い捨て容器入りヘリウムガス。 返却を気にせず、いつでも、どこでも使用できます。 使い終わったら、残ったガスを抜いてゴミの日に処分。※使いっきりボンべは、エリアによっては、 燃えないごみとして捨てられないエリアもあり、そのときは、容器に表示してある輸入元に送って下さい。(配送費はお客様ご負担)

商品情報
40cm 丸形アルミ風船

人気のカラー5色で40cmアルミ風船 登場!ヘリウム容量は経済的。約12リットル〜14リットル。

気温・気圧によってヘリウム風船の作成数が変動します。風船作成者によっても個人差が生じます。40cmのアルミは約12リットルで計算していますが、人数優先のイベントは大目にヘリウムガスの準備をお願いします。

「ヘリウムガスが足りなくて風船が余ったのでヘリウムガスを追加サービスしてほしい」等のご要望にはご対応できません。ワンサイズ大きいボンベの使用をお奨めします。予めご了承願います。

40cmアルミ色見本

40cmアルミバルーン色見本

アルミ風船へのヘリウムガス注入方法
 

ヘリウムボンベ使いっきりタイプ一覧  balloon time
(買取タイプ)容量別、サイズ、重さ、風船作成数

使いっきりボンベ容量別、風船作成数
 

40cm 丸形 アルミ風船

ヘリウムガス容量は、約12L。45cmアルミの約2/3。そして、大きさは9インチ風船の倍以上で目立ち感たっぷり。浮遊時間も約2週間ととても長い販売促進効果が期待。ガスバリアが弱るまで続けて使用可能。

<ヘリウムガス注入時の注意点>
●ヘリウムガスは気温が高いと膨張し気温が低いと収縮する性質があります。(気温・気圧により拡縮)

●パンパンに膨らますと、破裂してしまう恐れがありますのでヘリウムガスの入れすぎにはご注意

40センチアルミ浮遊
 

ヘリウムガスについて

ヘリウムは空気よりも軽いため、浮揚用ガスとしてよく使用。広告用バルーンや天体観測用気球、軍事用偵察気球などに使用。ヘリウムは最も軽い希ガス元素。燃えないため、水素よりも安全なガスとして風船のガスなどに広く利用。ヘリウムガスは無臭・不燃・無毒性のガス。爆発等の危険性もなく、風船への注入も簡単。
ヘリウムボンベから付属の注入器具で簡単に注入。誰にでも膨らませ、特に初めての方も安心して「ヘリウムガス風船」を楽しめます。

ヘリウムガスボンベ取扱の注意点

ヘリウムガスは、無毒性・不燃性で安全なガス。しかし容器に入った状態では高圧。取扱いには十分注意。

1.直射日光や熱源の近くは避け、40度以下で使用して下さい。
2.平らな安定した場所で倒れないようにして使用して下さい。
3.直接人体に吸入すると酸欠になる恐れがあるので、絶対に吸わないで下さい。
4.容器から2m以内は火気厳禁です。火気との距離を十分とって下さい。


(1)ボンベの元栓を開けて下さい。
(2)ノズルの先端に、バルーンを差し込んで下さい。
(3)ノズルを上方向に持ち上げて下さい。ガスが出ます。
ノズルを地面と平行にするとガスが自動的に止まります。

(4)使用を一時中断する時は必ずボンベのハンドルを閉めて下さい。

長い間元栓を開けておきますと、ヘリウムガスが漏れていきます。たくさんのヘリウム風船を作成するためにも、使用しないときはヘリウムガスをロスしないようにボンベのハンドルをまめに閉めることをお勧めします。

(5)使用後はボンベの残ったガスを抜いて処分。